So-net無料ブログ作成

(5)パリ [2002初夏友人たちとヨーロッパの旅]

6/29(土)

 今日は曇り空で肌寒い一日でした。地下鉄でポン・マリからイエナまで移動し、パリ近代美術館とギメ美術館の見学をしました。


☆Musee d’Art Moderne de la ville de Paris パリ市立近代美術館(初)

 パレ・ド・トーキョー内にパリ市民の寄贈を母体とする美術館。フォーヴィズム、エコール・ド・パリ、キュビズム、シュルレアリスムなどが並びます。現代絵画はポンピドーセンターの国立近代美術館のほうが有名ですが、こちらは隠れた名画を鑑賞しているような気分で、見物客も数えるほど。ゆったりと美術鑑賞ができました。


 ↓階段を下りた入り口から入りますと目の前がマティスの大作「ダンスⅠ」(壁画357×1282.7)1931-32 


DSCF0033.JPG


↓マティス「ダンスまたは妖精たち」1931-1933(絵葉書)


img030.jpg


↓ヴァン・ドンゲン「Le Sphinx」1925 (146×113)


img027.jpg


Kees van Dongen ヴァン・ドンゲン(1877~1968)オランダ出身のフォービズムの画家。フォーヴ期を経て1920年代から洗練された画風になり、社交界の婦人や有名人の肖像画で人気を得ました。これはその肖像画の一枚ですが、タイトルの「ル・スフインクス」といい、モデルの醸し出す雰囲気の謎めいたパワー。忘れられない作品。


↓キリコ  タイトル他不明。


DSCF0036.JPG


↓ドニ? 宗教画のようですが詳細不明。

 


DSCF0034.JPG


 ほかボナール、モディリアーニ、スーティン、レジェ、ドローネーなど。


 次は同じイオナ駅付近のギメ美術館へ。

☆Musee National des Arts Asiatiques-Cuimetギメ美術館(初)


 アジア美術のコレクションで知られている美術館はリヨンの実業家エミール・ギメの収集品がもとになっています。フランス文部省の委託を受けアジア各地を調査して、持ち帰った美術品とルーヴルの東洋美術部門が統合され1945年に開館。


 1996年春にカンボジアを訪れていますので、まずは1階のクメール美術の展示室へ。「南大門の阿修羅と神々が大蛇ナーガを引き合っている像のある橋(一部はパリのギメに収蔵されたため模刻)の見事なこと!」と感嘆したあのときのオリジナルがやはりここの一番の見どころです。カンボジアの歴史のなかでもっとも繁栄した王朝(12~13世紀)のころ造られたもの。またインド、中国(とくに西域)、日本の美術品も逸品揃いです。


 それからエッフェル塔へ向かいました。ランチは事前に予約してあったエッフェル塔にあるレストラン「ジュール・ヴェルネ」です。エレベーターのところでキョロキョロしてると、黒服の案内役の男性が専用のエレベーターに案内してくれました。素晴らしい眺めに感嘆しつつ窓際の席に案内され、これまでの人生で一番の(お値段もハイソ汗)高級フレンチをいただきました。少量ずつ8品のコースでしたが、当時は珍しかったので、ソムリエさんに「日本の懐石料理みたいね」というと、それを目指しているとのお答えで、日本の食文化を誇りに思う私たちでした。


 午後はマレ地区の散策とコニャック・ジェイ美術館の見学です。マレは初めてのひとり旅以来パリに来るたびに訪れるところです。古い貴族の館も点在していて、その建物を美術館に転用したピカソ美術館やカルナヴァレ美術館など。庶民的な界隈でありながら、文化の薫り高いパリらしいエリアです。


Musée Cognacq-Jay コニャック・ジェイ美術館(初)


 パリの「サマリテーヌ百貨店」の創業者エルネスト・コニャック夫妻のコレクションをもとに1990年、16世紀に建てられたドノン館にコレクションが移され公開。広壮な館には18世紀のフランス風俗画が多く展示され、ロココ調の優美な家具や調度品で飾られています。

↓圧倒的に多かったのはグルーズの少年や少女の肖像画。可愛らしいけれど甘美過ぎて飽きてしまいます。「赤いジレを着た少年」1775  40.6×32.2


img031.jpg



他にはシャルダンやヴァトー、フラゴナールなど。

↓ここで見逃せないのはレンブラントの「バラムのロバ」(1626) 65×47


img028.jpg


旧約聖書の民数記(22-24)が典拠。図像ではバラム(預言者)がイスラエルの民を呪うためにロバに乗って連れていかれる途中、天使が現れ止められる場面。珍しい主題ですがレンブラントが20歳で描いた初期の宗教画。



 この近くに素敵なプチホテルを見つけ覗いていましたら、レセプションの方がロビーまでどうぞと声をかけてくれました。日本の雑誌にも掲載されたそうです。(翌年ここに宿泊)

ランチが豪華版でしたので、夕食は慎ましく部屋食ということにして、帰途中華のお惣菜などショッピング。おにぎりと味噌汁など手持ちのものを追加して、3人で賑やかに食事。さて、明日からはブルターニュ方面に出かけます。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。