So-net無料ブログ作成

(9)アルル~マルセイユ [2003夏南仏とザルツブルクの旅]

7/30(水)

アルル最後の日はやはりサン・トロフィームの回廊へ再び行きました。柱頭彫刻の細かな作業に心惹かれます。特にある一本の柱頭には受胎告知から降誕、産婆さんによるキリストのもく浴、おまけに隣の柱の陰になって見えない部分にまで彫られた聖ヨセフには驚きました(写真は初回訪れたときにアップ済)。信仰篤いとはいえ、自分の仕事に誇り持ち、愛情を注いだであろうその人の手技を目の前に、800年の時を経て身近に感じる不思議さに時がとまるとはこのこと。

↓お別れの前に教会の写真を撮り

DSCF0022.JPG

 

DSCF0002.JPG

 

出発の時間が来てあわててホテルに戻り、チェックアウト。昼ごろの列車でマルセーユへ。TGVが開通したマルセイユは駅の大改装中。夏のヴァカンス客でごった返す構内で救急隊員が熱中症?、倒れた若者を介抱していました。近くを通りかかりましたが、意識はもうろうとした感じでした。若いだけに油断もあったでしょうが、人通りの多い駅で見つかって助かったのではないかしら?

 

 日本から到着した夜に泊まった旧港のホテルに8日ぶりに舞い戻りチェックイン、預けてあったトランクを引き取り部屋へ。窓からの港と丘の上の教会の眺めが素晴らしく、娘と眺めていますと、10年前に亡くなった義父が20代はじめに農業機械の勉強のためにロンドンに渡航、マルセ−ユにも寄港していました。これと同じ風景を見たかも知れないという想いがこみあげてきました。

幸い、ホテルの前から丘の上のノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂までプチ・トランが登っているというのでさっそく乗り込みました。チケットを買おうとすると「ノッテ、ノッテ、ノッテレバ」と日本語の上手な運転手のおじさん。急勾配の坂道を登ってマルセーユのランドマーク、大きな聖母子像の立つバジリカへ。ここで皆降りて見学し、30分後の次ぎのプチ・トランで帰るシステムになっています。ここも要塞をかねていたとみえ、跳ね橋があり、物々しい雰囲気があります。

 

DSCF0009.JPG

 

☆ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂Basilique  Notre-Dame de la Garde

 

下のクリプトと上の聖堂の二層式。ロマネスク・ビザンティン様式の壮麗な内部。内陣に比較的新しい船の図柄のモザイク、飾り物、絵画にも港町らしい航海にまつわるものは船旅の安全を願って奉納したものでしょう。「おじいちゃんもきっとここへ来てお参りしたにちがいないわ」と無口で優しかった義父を思い出しました。ひと休みしようと椅子に腰掛けようとしたとき、「どちらから?」と日本人のシスターが声をかけてきました。「札幌です」というと一瞬声をのんだように見えました。札幌出身の方だったのです。天使女子大を出られた保健婦さんの資格をもつシスターでした。札幌、神戸、モロッコそして今はこの聖堂の隣接する修道院に居られるとのことでした。プライベートなことはほとんどおっしゃらず、この聖堂は船の安全ばかりでなく、人生の荒波にもまれる人々を守ってくださるということなど説明してくださいました。娘もクリスチャンの青年と結婚して、来春からアメリカで暮らすことになります。近じか、洗礼を受けることにも決まっていました。とても熱心にこのかたのお話に耳を傾けていました。神戸の病院は海星病院というので、次女のフィアンセの母上が系列の女学院出身なので、いろいろな偶然に驚きました。

DSCF0008.JPG

 

DSCF0006.JPG

 

DSCF0007.JPG

 

Google earthから拝借したノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ聖堂の全景(海抜154m)

 

マルセイユ.jpg

 

外へ出ると地中海のきらめくような地中海の青が目に入り素晴らしい眺めです。眩しくもあり、遠く暮らすことになる娘とのふたり旅も終わりに近く、その感慨も迫ってきて、泪がじわ~と、慌ててサン  グラス。プチ・トランにも乗り遅れたので、急な坂を降りてサン・ヴィクトール修道院を目指しました。

 

 ☆サン・ヴィクトール修道院Abbaye St-Victor

 ここは4世紀からと古い歴史を持ち、地下のクリプトも今までになく広大です。外観はここも港の要塞を兼ねるのでしょう。強固な城塞のようにも見える厳めしさ。ロマネスクらしい楚々とした魅力にははずれますが、内部は静寂、神聖な雰囲気にあふれていて、内陣の簡素な佇まい、その外観との落差も強く印象に残りました。クリプトは有料。聖人たちの墓が並べられています。布教のためにマルセイユから異国に出発して、そして命を捧げてお骨になって戻ってきたのです。

DSCF0012.JPG

DSCF0011.JPG

DSCF0010.JPG

↓プラン

img207.jpg

 

 既に陽が暮れようとしていますが、まだ西からの日差しが照り付け暑ーい!ホテルの反対側の旧港の近くまで来ましたが、ダウン寸前。カフェをようやく見つけて一息入れました。ここはインターネット・カフェでしたので、札幌にメールしました。札幌は冷夏で昨夜はキムチ鍋にしたとの長女の返信に眼が点!でした。2003年当時は携帯電話を持って歩いてなかった頃で、あちこちのネット・カフェを利用して、なんと便利な!と思っていたものでした。

 夕食は豪華に某有名レストランにて本場のブイヤベース。もちろん全部は食べきれないほどの量があります。お隣のおじいさまはひとりで来て、2人前からのこのブイヤベースを頼みました。結構食べ切って、ワインもボトルでぐいぐいあけてました。好きなだけ食べて飲んで、ある日突然のお迎え・・・なら良いのですが(汗)

ヨットやボートの停泊する旧港付近は夕涼みのお散歩の人たちで夜中まで賑やか。2003年夏のプロヴァンスの旅はこうして終わりました。明日から私はザルツブルク、娘はロスアンゼルスと別行動になります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。