So-net無料ブログ作成
検索選択

(3)ニューヨーク [2002春NYオペラと美術の旅]

4/16(火)

 気温が徐々に上がってきて、この日は朝9時というのに75F(25度近く)に…4月とは思えない暑さです。部屋のクローゼットを開けて、思わずげんなり、春物中心のワードロープですから着るものがありません。どうしよう~。

この日はメトロポリタン美術館の見学をしました。娘とは行き方で意見が合わず、違う経路で向かいました。私は地下鉄でコロンバスサークルから77丁目に行き、バスに乗り換えてセントラルパークを横断して美術館の横に到着。娘は地下鉄と徒歩で、ほぼ同じ時間に着きました。

☆メトロポリタン美術館(初)北米最大の規模を誇る美術館です。初回は半日ずつ2日間通いましたが、到底見きれるものではありません。体力勝負の美術館は苦手だわ~と云いながら、夜のオペラがなかったら、倒れそうになるまで頑張るのですが・・・。美術館のインフォーメイションには日本人のボランティアの案内係の方もいて、とても親切です。ここでも解説のガイドを勧められましたが、お断りしました。自由に見学したほうが疲れないから。(どこでもそうします)
写真はノーフラッシュで許可されてますが、カメラを向けている人はあまり見当たりません。気が引けて、あまり観る人のいない絵を恐る恐る撮りました。
この時はジェンティレスキ父娘の特別展に遭遇、ラッキーでした。

↓オラツィオ・ジェンティレスキ(父)「マリアとマルタの会話」(ミュンヘン/アルテ・ピナコテーク)

3c61.jpg 

↓ 同じくオラツィオの「聖チェチリアと天使」二つのヴァージョン。上はワシントンDCのナショナルギャラリーから

DSCF0006.JPG 

↓こちらは昨年ペルージャで観たばかりのもの 

DSCF0005.JPG 

↓ オラツィオの「エジプトへの逃避途上の休息」1628-28頃 139×217(ウィーン美術史美術館から)

DSCF0007.JPG 

↓この特別展のショップ

DSCF0003.JPG

↓こちらはアルテミジア・ジェンティレスキ(娘)の自画像など。

DSCF0004.JPG 

 見逃せないのはカルロ・クリヴェッリ。写真はひどいですが、素晴らしいコレクションに大感激。

↓「聖ドミニコ」1472年の祭壇画の部分  94×27 
19世紀末には他の部分とともにローマのある枢機卿が所有していました。その後ロンドンを経て、1905年にメトが購入。対になっている「聖ゲオルギウス」と共に展示されています。 聖ドミニコは12世紀~13世紀に聖ドミニコ修道会を創設。ロザリオによる祈祷を創始、ボローニャで没。黒いマントに白い衣、白い百合が持物。

ca55.jpg

「聖ゲオルギウス」(1472年の祭壇画の部 95×33  華麗な衣装のゲオルギウスは丹念に描かれています。長槍で王女を襲う龍を退治した英雄の発祥は東方と伝えられています。ギリシア神話のペルセウスの英雄譚を利用したもの。巻き毛の髪、折れた長槍(白と赤の縞模様がヴェニス風)ヴェネツァの守護聖人でもあるので鎧にライオンを多用。あどけなさの残る少年の姿は非現実の、空想ファンタジーの世界。美しい!

d344.jpg
 

DSCF0014.JPG

「Madanna col bambino 」35×23   アンコーナの聖母子とともに珠玉のような小品。個人の注文で描かれたようです。親密な雰囲気を漂わせた美しい聖母、果物や背景に広がる田園の描写も優れています。幼子イエスは鶸を持ち、聖母は左下の蝿を見つめているように見えます。鶸は茨をついばむ鳥、蝿は死を暗示していて、受難の予見。

DSCF0015.JPG 

フェルメールも何点かあります。「窓辺でギターを弾く女」「水差しを持つ女性」「少女の頭部」「信仰の寓意」など。↓「眠る女」1657頃 86.5×76 (絵葉書)

img088.jpg 

↓カラヴァッジョ「奏楽の少年たち」と「聖家族」

DSCF0001.JPG 

DSCF0008.JPG 

  そうそう、この時はほかに特別展「シュルリアリズム」も開催されていました。ダリやマグリットの作品は何点かヨーロッパで観たものもありました。娘はマグリットの「恋人たち」(白い布で顔を覆った恋人たちが接吻)が気に入ってポスターを買い求めました・・・汗。

初訪問のメトロポリタン美術館は広大で、丁寧に回ると軽く1週間くらいはかかりそうです。見学の間にランチは館内のセルフサービスのレストランで。チョイスが悪かったのかこの上なく不味く、空腹なのにほとんど残すありさま・・・。美術館内のレストランやカフェはさまざまですが、今までの経験のワースト3に入ること間違いなし(以後入っていませんので現在は変わったでしょうか)

 3時ごろ私は疲れ果ててしまいましたが、娘はまだ元気で回りたいというので、一足先にバスと地下鉄を乗り継いでホテルへ戻り休息。昼過ぎには真夏並みの暑さになったニューヨークは日本でもニュースになったほど。夕方はそれでも少し涼しくなったので、「地球の歩き方」に出ていた韓国料理の店「Hangawiハングワイ」へ、タクシーで行きました。精進料理のコースを堪能しました。チップも含めてひとり40ドル。野菜のスープなどしみじみと淡白な美味しさ。サービスやインテリアも素敵でした。

9時過ぎに食事が終わり、近くのエンパイア・ステートビルへ。2001.9.11のテロからまだ半年しかたっていません。半旗を掲げた建物も多く、NYを代表するランドマークのエンパイア・ステートビルも厳重な荷物検査がありました。

DSCF0017.JPG

DSCF0018.JPG

86階にある展望台へ。ここから眺めた9.11テロのあった貿易センタービルの跡地は黒くぽっかり穴の開いた状態でした。一生忘れられない風景です。周りにいた見物客たちも言葉もなく見つめ、犠牲者の冥福を祈るばかりでした。

タクシーでホテルに戻りました。明日も暑ければ持ってきた衣服だけでは間に合いそうもありません。お買い物の時間も予算もは想定外だったのですが・・・涙。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

(2)ニューヨーク [2002春NYオペラと美術の旅]

4/15(月)

 朝目覚めると窓の外はセントラルパーク!でも道路にはリヤカーに荷物を積んだホームレスの姿・・・。

DSCF0050.JPG 

 この日も快晴。二人とも昨夜はよく眠れて元気ですが、朝食は贅沢してルームサービス。 パリッと焼いた本場のベーグルにクリームチーズをはさんで、美味しくいただきました。

先ずは、ネットで予約済みのオペラチケットを取りにMETへ。徒歩5分もかかりません。窓口には数人並んでいましたが、4公演 の引換ができてほっとしました。それから地下鉄でロックフェラーセンター近くまで行き、MOMA/ニューヨーク近代美術館に入館。

☆MOMA/ニューヨーク近代美術館(初)

改装中で一部観られないものもありましたが(マティスのダンスなど巡回展に貸出)、まずはルソーの「眠れるジプシー女」に迎えられ、長女も大喜びでした。続いてゴッホの「星月夜」ピカソの「アヴィニヨンの娘たち」、モンドリアンの「ブロードウェイ・ブギウギ」など。彫刻庭園も工事中でした。この時買い求めた絵葉書から3枚アップします。

↓ゴッホ「星月夜」1889 73.7×92.1  自然に忠実な印象派から離れて表現主義的な絵画へと向かったゴッホの最高傑作。

img085.jpg 

↓モディリアーニ「大きな裸婦 Le grand nu」1919 73×116  モディリアーニの死の前年に描かれたもの。画家の芸術の精華が示されています。他の画家のも含め、数多ある裸婦像の中で最も美しいと思った作品です。

img086.jpg 

↓ バルテュス「街路」1933 195×240 描かれた場所は実在するパリの通りですが、白昼夢のような非現実の情景。建物の遠近法はルネッサンスの幾何学に習っています。イタリアのクアトロチェント(1400年代)の画家たち、特にピエロ・デッラ・フランチェスコやシュルレアリストたちの影響を受けたという、一度観たら何故か忘れられない作品。

img087.jpg 

 ランチは近くのベトナム料理店La Colonialで。生春巻き、野菜たっぷりの焼きそばなど。味付けが中華より淡白で美味でした。コーチでショッピングしたり、五番街からセントラルパークの南側を30分ほど歩き、ホテルに戻りました。 夜は長女も一緒にMETへ。初めてのメトロポリタン歌劇場なので、少し緊張・・・。

♪~ロッシーニ『セヴィリアの理髪師』20:00開演

指揮:イヴ・アベル  演出:ジョン・コックス

アルマヴィーヴァ伯爵:ファン・ディゴ・フローレンス
フィガロ:エアール・パトリアルコ  Drバルトロ:グレン・バーター
ロジーナ:ヴェッセリーナ・カサロヴァ  ドン・バジリオ:ジョン・レイア

♪~フローレスとカサロヴァの最強コンビにディズニー風?回り舞台、細やかな演出も楽しい公演でした。席は一階最前列ほぼ中央、指揮者が少し視界を遮る時はありましたが、表情など良く見えました。フローレスは初め中音にかさついた感があり、疲れがあるのかな?と心配でしたが、ドンドン乗ってきてカサロヴァとの息もぴったり。最後のアリアも熱唱し、歌い終わったあと思わず?「フーッ!」と息をはいたのが聞こえて、うまくいってホッとしたのでしょう・・・うふっ可愛い~!。芝居も小柄な体型を生かして机にも飛び乗ったり、若々しく一途に恋に燃えるアルマヴィヴァを見事に演じ、歌いました。カーテンコールではブラボーの嵐、彼のMETデビューは大成功!!フローレスを初めて聴いたのは1999/7ミラノの「セヴィリア~」、次は2001/4のパリ「ファルスタッフ」そして今回と3回目です。まだ若いのに確実に成長してきているのはホントに嬉しく、スタンディングオーベーションを受け涙ぐんでいるフローレスの姿にこちらもホロリでした。カサロヴァも好調で、大きな目を良く動かして百面相のオキャンな娘ロジーナです。こんなに変化のある生き生きした「Una voce~」は初めて。「彼を手にいれるためには蛇にもなるわ~」キラッと目を鋭くさせて歌い、勝ち気な娘らしく、とてもチャーミング。衣裳も場面毎に白、グリーン、黒とスペインの伝統的なドレスで登場。長身でスマートな彼女にぴったりで素敵でした。特に黒のドレス姿のカサロヴァはゴヤの画から抜け出してきたよう・・・美人ではないけれど舞台映えのする容姿に、なによりも役の心理にあわせて自由自在に声をだせる凄さ、安定した歌いっぷり。カサロヴァも同じくメト・デビューだったそうです。フィガロはキーンリーサイドがバイク事故?のためキャンセルでとても残念。押しがちょっと弱い代役以外はそれぞれの役にぴったりの歌手たち。回り舞台の効果もあって、スピーディかつ一体感のあるものに仕上がっていました。
オーケストラもまあまあ。円安とはいえ155ドルでこれだけの舞台を間近に見られ大満足。長女はこの夜だけのオペラ初体験でした。 

夜食には近所の食料品店で買ったサンドイッチを食べたのですが…超不味い!見かけはとても美味しそうなのに・・・もうあの店では絶対買いませんよ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

(1)札幌~ニューヨーク [2002春NYオペラと美術の旅]

4/14(日)

 長女と二人旅でニューヨークへ。初めてのニューヨークはなるべく若いうちに行きたいと思いながら、ヨーロッパのほうが優先して延び延びになっていました。昨年の9.11テロから間もないこともありましたが、私は50代最後の年齢、長女もなんとか7泊9日ならOKということで、出発しました。ようやく春らしくなってきたとはいえ、まだ桜も咲かない札幌を後に成田へ。

この時の日記は残っていましたが、フライトの記録はありません。成田では3時間の乗り換え時間があって、その時にドルに両替しました。200ドル(26790円)・・・1ドル134.85 円安でした。

JALのサンパウロ行の飛行機はほぼ満席。定時に出発して13時間の空の旅でした。2階席の前から2番目、娘にTVゲームのやり方を教えてもらったので熱中。退屈することもなく「お母さん いつまでするの~?」と言われて「はっ!」(笑)隣席にNY在住の若奥様、日本の実家に里帰りされていたそうです。偶然オペラ好きな方で、すでにMETの「セヴィリアの理髪師」もごらんになっていました。フローレスが素晴らしいし演出も楽しいとのことで、期待がふくらんできます。

 到着もほぼ定刻で、空港からはタクシーでセントラルパーク近くのホテル・メイフラワーへ。ホテルは古い建物(この4年後に再訪したときは取り壊され高級マンションに)なので防音が悪く、小さなパントリーがついていましたが、コンロがないのでお湯を沸かせません。セントラルパークに面したツインルームは広く落ち着いたインテリアでした。

出発直前の情報ではNYは気温が高いとの予想が出ていましたが、本当に夜でも初夏のような暖かさで、9時ごろに下のレストランで夜食をとりました。鶏肉入りサラダ、スモークサーモン、ビールで「NYに無事着きました~」と乾杯。明日からは早速オペラ観劇なので、時差ぼけ防止の睡眠導入剤を服用して就寝。

DSCF0016.JPG 

 MAP



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行