So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

(10)マルセイユ~ザルツブルク [2003夏南仏とザルツブルクの旅]

7/31(木)マルセイユ10:50→パリCDG12:20/14:50→ザルツブルク16:30


ザルツブルク/Hotel Radisson SAS 5泊


  朝早い出発なので、独りで朝食を済ませました。ここのホテルの朝食もオレンジを自分で絞って作るジュースや好みの茹で加減ができる卵など、簡素ながら満足できました。8時頃、娘より先にチェックアウト。別れの時はさすがに淋しい気持ちになりましたが、秋には結婚の支度などのヘルプのため、ロスアンゼルスに押し掛けるつもりなので、それまで元気でね~!と笑顔でさようなら。


ホテルからマルセイユ空港までタクシー(50€)。マルセイユはタクシー代が高いです。パリからは直行便でザルツブルクに飛びました。2回目のザルツブルクは6年ぶりでした。初回はツアーでしたので、今回はうっかりホテルを予約するのが遅れて、ハイクラスのラディソンしか空いてなく、予算オーバー・・・。


 さて、ザルツは今にも雨が降り出しそうなダークグレイの曇り空。気温も23度くらいで南仏に比べるとかなり涼しく、安堵。ホテルの部屋は5☆だけあって、素敵です。


DSCF0013.JPG


DSCF0014.JPG


↓部屋からは中庭と


DSCF0015.JPG


↓左にザルツブルクの旧市街を流れる川が見えます


DSCF0016.JPG


動で疲れたので、夜のオペラはコンサート形式ですし居眠りの心配が・・・。水色のワンピースとジャケットのアンサンブルで行きましたが、コンサート形式であってもドレスアップしたご婦人たちが多いのは、さすがザルツです。


♪~R・シュトラウス『エジプトのヘレナ』(演奏会形式)19:00開演@フェルゼンライトシューレ


指揮:ファビオ・ルイージ  オーケストラ&コーラス/ドレスデン歌劇場管弦楽団&合唱団 

ヘレナ:デヴォラ・ボイト   メネラス:アルベルト・ボンネマ   ヘルミオーネ:マルティナ・ヤンコーヴァ   アイテラ:へレン・ドナウ   アルタイル:ファルク・ストラックマン   ド・ウド:クレジミール・スパイサー

 R・シュトラウスはこうこなくっちゃ~と大満足。色彩感のある素晴らしい演奏でした。スイスロマンド管が札幌で公演したときのルイージが好印象でしたから、期待感いっぱいでしたが、まさしくお見事!なシュトラウスでした。ヘレナを歌ったデヴォラ・ボイトも、これ以上のヘレナを歌えるソプラノはいないでしょう。艶やかさと気品にあふれた声がフェルゼンライトシューレのホールに響き、陶然となりました。トロイ戦争の後、ヘレネは夫メネラスとともにエジプトに戻りますが、裏切った妻ヘレネを許すことのできない、苦悩の夫。ギリシア神話に名を借りた夫婦の葛藤物語…といえば『インテルメッツオ』を思い出しますね。めったに上映されないオペラですが、指揮のF・ルイージとD・ヴォイトの素晴らしいパフォーマンスのおかげで、ザルツブルグでの第一夜は満ち足りた想いのうちに、終わりました。席は9列目左側190€。


↓プログラム


img212.jpg


幕間にカナッペなどいただいたので、夜食は持参のカップうどん、ビール、おつまみのおかき。


予習のために探した音源は下の古い録音のものしか、手に入りませんでした。
参考CD:R・シュトラウス『エジプトのヘレナ DIE AGYPTIDCHE HELENA』

指揮:JOSEPH KEILBERTH オーケストラ&コーラス/バイエルン歌劇場管弦楽団&合唱団


ヘレナ:Leonie Rysanek   メラネス:Bernd Aldenhoff   アイテラ:Annelies Kupper

アルテール:Hermann Uhde  ダ・ウド:Richard Holm


1956年8月10日収録 バイエルン歌劇場ライブ盤/1996年ORFEOにて再録


img208.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。