So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

(13)ザルツブルク [2003夏南仏とザルツブルクの旅]

8/3(日)


 この日は日記をつけてないので、ぼんやり過ごしたものと思われます。旧市街の散策や昼食に中華を食べに入ったお店の餃子が美味しかったことなどでしょうか。ショッピングは実は以前ザルツに来た時高価なので、迷って買わなかったゴブラン織りのハンドバックに未練が残っていたのです。記憶をたどって行ってみましたが、幸か不幸かあの手造りの織やレース編みのお店はすでになく・・・がっかりでした。

夕方からはやや涼しくなったので、また頑張って着物姿で祝祭大劇場へ。


ザルツの今夏の目玉はこのマックヴィガーの演出の「ホフマン物語」ということで、最もチケットが手に入りにくい公演でした。まだネットでの手配にも慣れていなかったときでしたから、苦労した覚えがあります。最後の送信で進まず、結局FAXしてゲット。

6
年前のザルツブルグはツアーでしたが、今回はチケットの手配を含めて、すべて自力。これに味をしめて4年連続ザルツに出かけることに・・・。


♪~オッフェンバック『ホフマン物語』19:30開演@ザルツベルク祝祭大劇場

揮:ケント・ナガノ 演出:ダーヴィット・マックヴィガー 

ホフマン:ニール・シコフ   ラ・ミューズ/二クラウス:アンジェリカ・キルヒシュラーガー    
リンドルフ/コッペリウス/ドクター・ミラクル/ダペルトゥットの4役:ルッジェロ・ライモンディ   アンドレス/コシュニーユ/ピティキナッチョ/フランツの4役:ジェフリー・フランシス   オリンピア:ルビカ・ヴァルギコヴァ    アントニア:クラッシミラ・ストヤノーヴァ   ジュリエッタ:ワルトラウト・マイヤー  

ステラ:ウルスラ・プフィッツナー   クレスペル:クルト・リドル

 

オーケストラ&コーラス/ウィーンフィル&ウィーン国立歌劇場合唱団

 

 

舞台はフリードリッヒの絵画に描かれるような大木にヴァイオリンなどがぶら下がっていて、深みのある色彩がほーっと溜息が出るように美しい。

主人公のホフマンはアル中?薬中?芸術と現実のうつつに彷徨する青年。舞台の片隅で、下のプログラムの写真のように鬱々状態。ニール・シコフはあまり調子が良くないようでしたが、何度もこの役を歌っているので、それなりに安心して聴けました。ただし、好みの歌い方ではありませんが。。。

img214.jpg

ぜんまい仕掛けの人形の演技もコロラトゥーラも大拍手のオリンピアを歌ったヴァルギコヴァは2001年春のウィーンのジルダを聴いて以来でした。スロヴァキア出身の謎のソプラノ・・・というのはこのザルツブルグ以来ほとんどメジャーな歌劇場にはでていないのです。このときのオリンピアも喝采を浴びていましたし、これからの欧州各地での活躍を約束されていたはずです。地元のブラチスラヴァで歌っているようですが、それだけで満足しているのか?不思議です。

キルヒシュラーガーとマイヤーは文句のつけようのないパフォーマンス。素晴らしかったです!!

↓ジュリエッタのマイヤー(プロマイド)

image016.jpg

反してライモンディは不調。後からの情報では病後だったらしいのです。前年チューリッヒで聴いたオテロのイヤーゴの時は快調でしたから、少々残念。またプロローグの酒場の場面で、ナタナエルの役でジョン・健・ヌッツオが出演。頑張っていましたし、将来の活躍が期待されていました。

生のホフマンは2度目、バスチーユの強烈な舞台に比べると、ややまとまりがないような気もしま
したが、オッフェンバックの音楽も大好き、豪華な歌手たちのパフォーマンスも楽しめました。ケント・ナガノはやはりフランスものがしっくり来ます。

後ろの席のおじさまに「ベルトがビューティフルだね」と言われて「えっ? 帯のことでした」

↓この時の公演はCDかDVDになっているのか、調べてましたら、NETに音源だけ見つけました。

https://www.mixcloud.com/Jungfer_Marianne_Leizmetzerin/offenbach-les-contes-dhoffmann-shicoff-vargicov%C3%A1-stoyanova-meier-nagano-salzburg-2003/

 

参考映像:オッフェンバック(1819-1880) <ホフマン物語>

2000.8道新教室にて 

ホフマン:マーカス・ハドック   ニクラウス:アンゲリカ・キルヒシュラーガー

オランピア:ナタリー・デッセイ   

ジュリエッタ:ベアトリス・ユリア モンゾン(ソプラノ)   

アントニア:レオンティーナ・ヴァドゥヴァ

リンドルフ/コペリウス/ダペルトゥット/ミラクルの4役:ジョゼ・ファン・ダム

アンドレス/コシュニーユ/ピティキナッチョ/フランツの4役:ジャンポール・

フーシュクール     ミューズ:カトリーヌ・デューヌ

トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団

合唱:トゥールーズ・キャピトル劇場合唱団、アビニヨン歌劇場合唱団、

オランジュ音楽祭合唱団
バレエ:ニース歌劇場バレエ団
指揮:ミシェル・プラッソン
演出:ジェローム・サヴァ
         2000年7月12、15日:オランジュ野外劇場 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。